今売れているロフトベッド

新入学や転勤などの人の移動にともなって
ロフトベッドは今、一番売れる時期になっています。

売れている時期というのは買い手にとっても
とても都合がいいことなんです。

ロフトベッドが豊富に店頭に並んで、
いろんなタイプを見比べることが出来ますし、

売るほうも販売に力を入れますので、
値段も手ごろに設定されているからです。

今、売れているロフトベッドは中国製で販売価格が
19800円から29800円位ののものでしょう。

一般的なロフトベッドのサイズは
高さが1870mm、幅が1020mm、奥行が2080mm位です。

このときのベッドの床板の高さは1410mm程になります。

このくらいの高さになるとベッドの下に置く物の自由度
も高くなります。

例えば1350mm位のものが多い、ハイチェストと呼ばれる
収納力がある整理タンスでも余裕で置けます。

この他にも、ロフトベッドの下がデスクになっている
物など、ロフトベッドならではの利点を生かして
機能を持たせたものがあります。

ちなみに、ハイタイプ以上の高さのあるベッドに
デスクや収納などの機能を持たせたベッドをシステム
ベッドと呼びます。

ロフトベッドを選ぶコツは、お部屋のレイアウトを
よく考えて、デザインだけにとらわれず

どんな使い方をするのか良くイメージしてみると
良いでしょう。

激安ロフトベッドを通販で買う時

ロフトベッドを通販で買う場合について
その利点や注意点について考えてみたいと思います。

最近ではロフトベッドなどの家具も、通販で買うことが
一般的になってきました。

その要因は少しでも安く家具を買いたいと思うユーザー
が多くなったことと、通販業者などが、通販用に安い家具
を開発したことが挙げられます。

手にとって見ることの無い通販は、写真写りや写真で良く
見えることが販売数や売り上げに直結すると言われています。

ですから、通販でロフトベッドを買う時には
家具店でも購入できるような、きちんとした商品であるか
どうかを確認すると良いでしょう。

家具の専門店で販売しているロフトベッドなどは、
対面販売であることや、目の前で直接商品を確認できること
など、通販には無い、厳しい条件があります。

その上でユーザーの厳しい目に耐えうるロフトベッドを
展示していますから、ロフトベッドなどの機能や設計などが
重要な商品の場合でも購入する際のバロメーターになります。

見た目はかっこよくて、ロフトベッドの高さがあり
そのため、収納性が素晴らしいように見えても
手で横からちょっと押すだけでグラグラゆれるような
ロフトベッドは少なく有りません。

これはとくにハイタイプのロフトベッドやスチール製
のロフトベッドに良くあります。

ロフトベッドを通販で購入する前に、ロフトベッドのこと
を良く知ってポイントを考えながら商品を選ぶようにする
ことがロフトベッドを買う時のコツでしょう。

木製のロフトベッド

ロフトベッドはその素材から大きく2つに分けられます。
木製ロフトベッドとスチール製ロフトベッドです。

木製のロフトベッドは落ち着いた暖かい印象を与え、使用感も良いですが
スチール製にくらべて非常に高価です。

小学生の新入学のときに購入されることが多い家具です。
10万円を超えるとデスク、書棚などがセットになった
システムデスクとして販売されています。

ロフトベッド単体だと良いものは7万円ぐらいから販売されています。

木の部材をそのまま使っている部品もありますが、
そのほとんどが木材の綺麗なところをスライスした「突板」と呼ばれる
部材を表面に貼って仕上げています。

木製と言っても本当の「木」、言い換えれば無垢の木だけで作っている
ものはまず、無いといってもいいでしょう。

意外ですか?
でも本当なんです。それどころか皆さんの家にある家具で木で
出来ているものはほとんどありません。
たとえ貴方がそう信じていても。

それにはいくつかの理由があります。

まずは価格です。
無垢で美しい木材は、驚くほど高価なのです。

そして次の理由は、本当の木材は、長年の間に割れるし曲がります。
木は生きているのと同じですから。

ですから、安定して供給できる形で製品化しているのです。

必要な機能を一体化

ロフトベッドに必要な家具のすべてを集めてしまえばいくつもの
家具を並べるよりも、必要な機能が一体化して部屋はすっきり
まとまります。


たとえばデスクと、服を掛けるハンガーがついていていれば、
それだけである程度は収納できるし、最低限の必要なものが
そろってしまいます。

また、友人などを呼んだときにすぐにベッドが見えないというのも
生活感が薄れて、また清潔なイメージがありますね。

ロフトベッドの場合、ベッド部分は階段・はしごの上なので、
お布団も枕も見えにくくなるわけです。

気をつけておくこととして、ベッド上のデッドスペースを
なくした分、寝るときには自分にかなり近い位置に天井がきます。

体を起こせば、頭が天井にぶつかるくらいの感覚になります。
ベッドや天井の高さによっては、そもそも完全には体を起こせない
という場合もあると思います。

部屋のすぐ上が屋根という木造アパートやマンション最上階の場合、
夏の間は天井付近の温度があがっている可能性もありますが、
そうするとそれが寝苦しさの原因になることもあるので、要注意
です。

ゆったり過ごすこととの引き換えに、スペースを確保する。
それがロフトベッドであると言えます。

自分のライフスタイルや生活習慣を考慮して選ばれると、
より適切なロフトベッドを選ぶことが出来ると思います。

設置のしかたと部屋作り

ロフトベッドの購入を検討している人の多くは一人暮らしの方
や学生の方ではないでしょうか。

通常の例えば都内のワンルームのマンションやアパートで、
机やベッドの他にタンスや、服をかけるハンガーなど、
必要な家具を全部揃えていくとそれだけで部屋のスペースが
いっぱいになります。

部屋にはある程度の空間が欲しいと思う人や、狭くても時には
友達も呼びたいと思ったときには、ベッド下の空間も有効利用
できるロフトベッドは最適だと思います。

ただし、背の高い家具なので工夫しないと、かなりの圧迫感があります。

実際、ロフトベッドは、とても大きな家具なのです。
通常のロフトベッドの場合、幅と長さは、1m×2mくらいで、
通常のベッドと変わりません。

床面積は畳一畳分よりひとまわり大きいくらいなのですが
高さがあります。

ベッド周りの柵の部分まで入れて測ると大人の身長より高い180cm前後
のものが一般的です。

そのような理由で、部屋の中で結構大きな存在になり、
それなりの圧迫感もあるかと思いますがロフトベッド以外は高さの
あるものを置かずに全体的に低めの家具でまとめると良いでしょう。

ロフトベッドそのものは壁に寄せて設置することですっきりしますし
部屋の中心にスペースを残すことが出来ます。

ロフトベッドの種類

ロフトベッドといっても机や棚の他にソファまでもがベッドに付いている
タイプのスチール製のロフトベッドや学習机や本棚までがセットになった
システムベッドなどいろいろあります。

ロフトベッドを使うことのメリットは何よりお部屋を広く効率的に使える
という点があげられます。

もちろんベッドですから、お布団をしまう必要もありません。
最近のロフトベッドの床の部分(床板)は桐のすのこになっている
ものも多くなっていますので、湿気も心配ありません。

ですからロフトベッドは一人暮らしの方や子供部屋にも最適だと言えます。

ただロフトベッドを使った経験のある方が少ないので、自分で購入して
使ってみるまでは、イメージが沸いてこないという方の話を聞くことが
あります。

もっとお店に積極的に出かけて行って、実際に目で見て確かめるのが一番
ですね。

ありがたいことに最近ではロフトベッドの展示も増えて、何種類かを
見比べることが出来るようになりました。

実際にはしごや階段をあがって体験すると上からの視界とか
思わぬことにも気づきます。

それでもロフトベッドを購入する方の多くは、カタログ通販やインターネット
で購入する場合が多いようです。

やはりインターネットでロフトベッドを探すと、種類が圧倒的に多いですよ。
ゴールドカード