ロフトベッドの利点カテゴリの記事一覧

設置のしかたと部屋作り

ロフトベッドの購入を検討している人の多くは一人暮らしの方
や学生の方ではないでしょうか。

通常の例えば都内のワンルームのマンションやアパートで、
机やベッドの他にタンスや、服をかけるハンガーなど、
必要な家具を全部揃えていくとそれだけで部屋のスペースが
いっぱいになります。

部屋にはある程度の空間が欲しいと思う人や、狭くても時には
友達も呼びたいと思ったときには、ベッド下の空間も有効利用
できるロフトベッドは最適だと思います。

ただし、背の高い家具なので工夫しないと、かなりの圧迫感があります。

実際、ロフトベッドは、とても大きな家具なのです。
通常のロフトベッドの場合、幅と長さは、1m×2mくらいで、
通常のベッドと変わりません。

床面積は畳一畳分よりひとまわり大きいくらいなのですが
高さがあります。

ベッド周りの柵の部分まで入れて測ると大人の身長より高い180cm前後
のものが一般的です。

そのような理由で、部屋の中で結構大きな存在になり、
それなりの圧迫感もあるかと思いますがロフトベッド以外は高さの
あるものを置かずに全体的に低めの家具でまとめると良いでしょう。

ロフトベッドそのものは壁に寄せて設置することですっきりしますし
部屋の中心にスペースを残すことが出来ます。

ロフトベッドの種類

ロフトベッドといっても机や棚の他にソファまでもがベッドに付いている
タイプのスチール製のロフトベッドや学習机や本棚までがセットになった
システムベッドなどいろいろあります。

ロフトベッドを使うことのメリットは何よりお部屋を広く効率的に使える
という点があげられます。

もちろんベッドですから、お布団をしまう必要もありません。
最近のロフトベッドの床の部分(床板)は桐のすのこになっている
ものも多くなっていますので、湿気も心配ありません。

ですからロフトベッドは一人暮らしの方や子供部屋にも最適だと言えます。

ただロフトベッドを使った経験のある方が少ないので、自分で購入して
使ってみるまでは、イメージが沸いてこないという方の話を聞くことが
あります。

もっとお店に積極的に出かけて行って、実際に目で見て確かめるのが一番
ですね。

ありがたいことに最近ではロフトベッドの展示も増えて、何種類かを
見比べることが出来るようになりました。

実際にはしごや階段をあがって体験すると上からの視界とか
思わぬことにも気づきます。

それでもロフトベッドを購入する方の多くは、カタログ通販やインターネット
で購入する場合が多いようです。

やはりインターネットでロフトベッドを探すと、種類が圧倒的に多いですよ。
ゴールドカード